水平スロットレバー途中経過

久しぶりの3Dプリント ネタです

スキャナーが上手く動かなくて、123Dで制作中です。

 

123Dは廃版になり、入手できなくなっていますが

こちらに、最終版を置いてありますので、使いたい方はどうぞ

123D_Design_R2.2_WIN64_2.2.14.exeだけどね

https://www.tinkercad.com/に移植されるらしいです

2017年5月現在

 

さて、ジョイステックも計画中ですが

まず、無いものから作る

手首でヨー軸とピッチ軸を制御出来て

水平スロットレバーという難題に挑戦し挫折(笑)

 

妥協策を模索しています。




途中ですがその様子を写真でご覧ください

十字スイッチパネル

タクトスイッチを差し込んでシンプルに作れるように工夫

 

電線を付ければ完成

 

表から見ると、こうなる

タクトスイッチ特有のポチポチと良い感触があります。

 

電子部品の通信販売専門小売店「イーエレ」

http://www.e-ele.net/index.html

こちらで、見た目の良いスイッチが置いていましたので

購入し取り付けたところです。

注文が少々面倒ですが、送料で助かります。

 

 

苦肉の策でジョイステックのモジュールを使いましたが

 

スプリングのテンションと皿でセンターポジションに戻る

Saitek さんの方式

 

自作したものは初動が滑らかで後半重く

ワイヤーを引いている感じが出ましたが一方

Saitek のは粘りつくように鈍い動き、なんでしょう?

 

この様に納めて動作させる

 

結果的に没でした(笑)

 

軸の位置感知に今回はゲームコントローラーや

ラジコンのプロポで使われる、ジョイステックを

選択しましたが、ホールセンサーを使うことも

検討していますが

 

センサー範囲が狭く、大きな動きを小さな動きに変換する

ギヤーを組み込む必要があり、サイズ的に可能か

思案中ですが、手堅く固定式に戻して

さっさと完成させ、遊びたいですね(笑)




などと、書き込んで幾日が経過

少々問題はあるけども、動く状態になりました

裏はこの様に、なっており100mmスライドボリュームを

使用しています。

 

バリバリの試作品なのでね

穴だらけ(笑)

穴埋めなさいってね

 

ちなみに、自作でない製品のスイッチ

見た目高級感あって良いのだけど、接触に難あり

この用途だと若干斜めからの押し込みになるので

接点と接触しない時が多々ある

 

秋月電商だっけ、前作のスロットレバーの部品を

流用するしかないな

 

そんなこんなで、フィラメント樹脂が無いため

プリント出来ません。

 

アマゾンで買うか楽天で買うか

品質的には、楽天が若干上と言っても、どんぐりの背比べ

大差ない、ならアマゾンで買うべな

最近そう思う

 

ではまた

 

It's only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

Be the first to comment

Leave a comment

Your email address will not be published.


*