オリジナルジョイステック計画 報告

いやー 最近すっかり、宇宙と地球の神秘に

魅せられてしまい(笑)

受け付けられた既存の常識は捨てましょうね

妄想組曲日誌は移転してますので、よろしく

http://romanpenpen.seesaa.net/

 




 

ジョイステック計画ですが

おおむね順調で、ステックの動きを感知する

仕組みは、出来上がったのですがね

そのステックのデザインがPC上だと

不可能だと判明

ジョイステック 操縦桿可動部

 

そこで、100均ショップで発砲スチロール

それに、乾くと固まる粘土を購入

 

最初、ウッド粘土なる物にて試したのですが

意外とソフトで、フワフワ

 

その週は、あきらめ乾燥

 

次の週に、石膏粘土なる物を購入

石膏なら、行くたびか扱ったことが有るので

 

硬さとモロさは了知している

後は、縄文時代に戻った感じで

粘土を弄りだす訳

手前  オリジナルジョイステック

出来たのは、遮光器土偶や火焔土器を作ったりね

嘘だからね(笑)

 

火焔土器は器として使わないと思う

はやしひろし氏が提唱している使い方が

正しいと思うな

 

要は上下逆さま

なんだよ

八百万神(やおろず神)が乗っていた

乗り物を模した物なんだよね

 

地を去って行く時に、炎を出しながら

上がって行った訳さぁ

 

もうお判りだろう ロケット である

今の上がったきりの、使い捨ての無駄の塊

ゴミの塊、自然破壊の塊ではなくて

垂直離着陸できるロケットだったと思われる

 

その、様子を土器制作者が

インスピレーションを得て製作したのが

奇妙な土偶の数々な訳 いいね

 

頭が固い学者は、科学のルールに縛られ

目の前の事実に目を背けているだけ

 

おっと 反れたしまっている




土偶 土偶 ちがう(笑)

操縦桿ね

 

それを、最初は既存の物を参考に作って居たのだけど

色々と、手首や指の動きに無理が有る事に

気が付いてしまった

 

そう真実に気が付いた

 

それから、手首をと指が自然な状態に

落ち着き、無理のない範囲にデザインし直した

 

その結果、良い感じに出来上がったので

 

スロットレバーにも着手

どちらも、手を自然体にすると

人差し指と親指の先端が軽く接触し

円を作るでしょ

正面 オリジナルジョイステック

瞑想する時に、自然とこの形になる

これが、ベストなんだよ

 

これ以上の形は無い

完璧な宇宙と同じ

最も楽で美しい形なのだねぇ

 

それに、近づけるようにデザインしました

 

だがしかし(千葉茂 風で)激しく

 

スロットレバーの構造をレバー内に

入れる事で、手首の自然な動きで

宇宙船のスラスターを制御できると判明

 

でねも、まだ実現できていない

 

そりゃ

輪っかにX、Y、Z、ロール、ピッチ を

繋げて、輪にグリップがあり、それで

制御装置とする、物の世にはある

 

だけどねぇ、常に手首を浮かせた状態

疲れるでしょ

 

なので却下、従来型を改良したデザインに

落ち着く訳さぁ

 

では、また

 

 

It's only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

Be the first to comment

Leave a comment

Your email address will not be published.


*