トラピスト1に旅に行く

久々にEliteDangerous_Horizonsのネタ

 

先月、2月22日公式のNEWSLETTER #163 にて

紹介さ入れていた、恒星系トラピスト1 へ 行ってきました

実際は二度目なのですがね

 

そう、最近NASAが公式発表した、ハビタブルゾーンに

惑星が2個ないし3個あると言う

TRAPPIST-1 (トラピスト1)ですよ

 

惑星には、知的生命体と出会える可能性が

極めて高いと言う、あの恒星です。

 

水瓶座の方角、地球からの距離40光年

恒星内に7個の惑星が有ると言う

衛星は不明

 

まぁ有るでしょう

太陽系内の惑星にだって、数個の衛星が有る訳だし

望遠鏡で分からないだけ

 

それがね、EliteDangerousでトラピスト1に行けると

言うではありませんか

 

銀河マップで Core Sys Sector XU-P A5-0 と検索

そうすると、自動で指定してくれるので

あとは、向かうだけ

 

一回目は、製品版で向かったのですが

残念ながら、有りませんでした。

 

そこで、ベータ版が有りまして

今現在ベータ版のみ、行けるのですね

 

それ、有料なのです。

値段は6.49GBP 日本円で910たけぇ

 

でも買いました。

そう、珍しいイギリス製のゲーム

基本的に、シミュレーションはヨーロッパ

特にドイツが多いい様に思えます。

 

日本は、略、無いに等しいです。

 

でね、もう一度

時を変え向かったら、有りましたね

基本的に恒星系の調査を終えてから撮影分です。

ロマンを求めて、天の川銀河を旅をしたい

あなたへ、EliteDangerous_Horizonsは、お勧め

 

広大な宇宙が待ち受けています。

銀河マップに表示されている

光の点は、全て恒星系で、宇宙船で行ける所です

その数、4000億個 マジかよぉ

 

2時間くらい、ハイパースペースジャンプを繰り返しても

銀河全体を見ると対して

進んでいないなんて、当たり前の世界です(笑)

 

同じ移動距離でも

ワープ航法だけなら、何日、掛かるやら

 

その世界の、様々なロール(役割)を演じるのです。

と言ってもロープレやMMOの様に

ロールが決まって居る訳ではないので

 

自由に、貿易商やるもよし、宅配業もよし

海賊稼業も出来るし、賞金稼ぎも、傭兵だって出来る

採掘者も冒険家だって

宇宙観光なんて仕事やサルベージュ業もある

 

目的に合わせ、宇宙船を購入し

更にカスタマイズして、ロールをこなして行く

 

あぁ早々 海賊稼業は、警備隊が居るので

セキュリティーの固い恒星系に入り

見つかると、猛攻撃されますからね(笑)

 

 

 

追伸

この場を借り増して、観てないと思いますが

絵を購入してくださった方、ありがとう御座います。

来月には、再開できると思いますので

よろしくお願いします。

 

 

It's only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

Be the first to comment

Leave a comment

Your email address will not be published.


*