PRUSA I3 MKS Gen 80 mm FAN Bracket

PRUSA I3 microcomputer MKS Gen

パルサーI3 アルミフレーム取り付け用の

FANブラケットを製作してみた。

 

80mmと言うサイズのPCに使うFANを流用

目的は、風量と静穏化

一般的には、知られてないでしょうが

 

例えば、同じ風量を確保するのに

小さい程、高速で回転させる必要がある

 

回転数が多く成ればなる程に、作動音も

多くなる

即ち 喧しくなる




そこで、倍のサイズのFANを取り付を検討していた

 

実は、しばらくの間、40mmFANを2個使用し

経過を見ていたが、やはり駄目だね

 

夏場は冷却が追い付かなかった

さらに、初期作動音が喧しい

 

その後安定しても、喧しい

 

それを、解決するに

手持ちの120mmでは大きすぎる

丁度CPUヒートシンクに付けられていたFANが余っている

これを採用した訳

 

大きさも、小さすぎず、大きすぎず丁度良い

風量も十分

 

申し分ない



 

 

STLデーターには修正点を加え

配布しておきました。

各自で必要だと思えば、プリントしてください

 

 

これで、夏場の熱暴走からおさらば

 

では、プリント用の3Dデーター STL

http://www.thingiverse.com/thing:2068242

 

 

サポート材に樹脂を回したくないので、板状にしました。

 

 

 

真上から見た状態で、色分けしてみた。

 

 

二種類の方法で固定できるように、してみた

必要に応じて、黄色の部品は接着しないでOK

 

 

接着は、何時ものアセトンで溶解させたABS接着剤

液体パテ状態が使いやすいです。

アセトンは、意外と使うので、最近は此方を購入してます。

小さいサイズも有るので、ご参考に

 

 

 

 

完成後、取り付ける

幾度か配線を弄っているので、まとめる気が無くなって

ご覧の有様(笑)

 

It's only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

Be the first to comment

Leave a comment

Your email address will not be published.


*