HOTAS:スラストレバー(戦闘機)3Dプリントで自作(05)

待望のHOTAS:スロットルレバー

スラストレバーとも言うが、どちらが正しいのか?

 

推進装置を制御するのだから、スラスター(推進装置)レバー

が正しそうである

 

まぁ両方書いておけば、間違いないという

安易な考えです(笑)




ある程度出来あがり、作動確認も終えているけど

記事に出来ずに、いました。

 

テストした感想といては、スイッチが足りない

さらに問題は、ロッカースイッチとトグルスイッチ

 

これらは

確かに、動作はするが、ソフト側の入力の認識が

ワンプッシュでON、OFFをする訳でして

 

ONだけの仕組みで作動させても、スイッチをOFFに戻しても

OFFとは認識しない

 

再びトグルスイッチで言えば、一度レバーを下げて上げる

動作をしなければ成らない

 

トグルスイッチをONにすると一瞬だけ、ONにする

回路もあります。

 

電解コンデンサーとリレーを組み合わせた

簡単な回路

 

これの問題は、先ほどの問題と大差ない

一瞬だけ、信号を送れると言うメリットだけ

利点は、キーボードを流用する時に役に立ちます。

 




 

ああ、まてよ

 

ONもOFFも一瞬だけ、信号を送れれば・・・

 

一見、名案に思うけどトグルスイッチを上にあげて

ON下げてOFFと言うと

お約束が、意味をなさなくなる

 

ONにしたまま、プレイを終えると

チグハグな状態でスイッチの位置に成ってしまう訳

 

困ったね

 

この問題は、置いておいて、創作に入る

前回は、スイッチパネルに直接、マトリックス回路を施したが

拡張する事に成り、うまく動作しなかった

スラスタースロット 自作

前回の配線

 

その事もあり、新規で作りました。

マトリックス回路をね

マトリックス回路基板

本来この回路基板は、ダイオードが必要です

 

ですが、手持ちの本数も足りない為

前回の配線を流用しまして、配線にダイオードを半田付けし

端子を取り付ける方式に変更した

 

マトリックス回路 基盤裏

見た目がシンプル、回路もシンプル?

 

 

img_6993

配線は、端子を刺すだけ、任意の番号へスイッチを

割り当てる事も可能

実際は、面倒なので、順序良く指して行くだけ

 

ここからは、幾日か経過し、仕様変更がさらに加えられ

スロットルモジュールをセットし、ユニット化しました。

ビスを外せば、交換可能!

 

img_6992

いい感じでしょ?

久々の木工工作をしまして、其れなりに出来上がったよ

単純にMDF版の四角い箱ですが意外と丈夫で

要は果たしてくれる

 

スラスターレバー

一応、これで完成し、テストプレイしてました。

空きスペースが在るので、レイアウトとスイッチの見直しを

試案中です。

 

旅客機の何々 用と言う使い方は、しないので

単純に、四角い発光スイッチで良いっか!

 

あぁ 写真の左側にあるのは、今回作成した

シンプル設計のトリムです。

 

こちらに関しては、明日か明後日に、公開します。

では 良きゲームライフを

 

 

It's only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

Be the first to comment

Leave a comment

Your email address will not be published.


*