HOTAS:スラストレバー(戦闘機)3Dプリントで自作(04)

中間報告、第四弾

HOTASの配線を施し、基盤に配線を・・・

誤作動

 

空や宇宙への旅は、何時に成るやら(笑)

ウォーサンダーをアーケードモードにて

プレイしてみましたが、TVゲームの延長ですね。

 

戦車は、アーケードでも現実味有りました

にしても、数分で倒されてしまいます(笑)

 

数機、倒せると、おぉヤッタネェ と言う感じ

様は チキン野郎です ペンギンだけに




さて、電子工作の時間です。

img_6892

ピンソケットと呼ばれる、部品がありますので

こちらを、使って抜き差し、試行錯誤の最中ですから

この方法で作るのが正解です。

 

マトリックス回路を基盤でなく、電線にも施す

理解しやすかっただけ(笑)

 

それに、ピンソケットなら

簡単に差し替え出来ますから

素人向け

 

img_6893

配線にヒシチューブで絶縁します。

面倒だけど、一本一本確り、チューブで絶縁しておかないと

ショートの原因に成りかねない、から必ずして置こう

 

使用したのは直径2mm だっけな

ホームセンターで買うと、高価なので、電子部品屋で

購入してする事を、お勧めする

 

 

ショップは、マルツオンラインさん、又は秋月電子通商さん

こちらがお気に入りです。

 

 

img_6898

裏の配線、ずばり

何かが間違っています。

参考までに、してね

 

img_6897

最終的に、この配置で落ち着いた。

 

スラスタースロット 自作

全てを繋いで、と言ってもジョイステックは、除く

作動チェックしてみると、認識しない・・・・

 

一つ上の写真の6列ピンの左右を指し間違えでした。

それでも、番号が重なり、誤動作

 

Row側は、在っていると思われるので、Column側に

問題があるのではと、思われるけど

付かれたので、明日に回す




所で、bu0836を使用し、フライトコントローラー

自作(DYI)去れている方いるのですね

 

モックアップで製作されている

先人の方々良くやるなぁ

 

現在は、3Dプリンターと言う

ホビー向けの機械が在るので、プラスチック部品が

比較的簡単にオリジナルで作れる時代です。

 

それ以前では、考えられない品物で良い時代です。

オリジナルのプラ部品なんて、射出成型なら

とんでもない額の予算が必要で、わずかな

変更でも大変

 

それを、個人レベルで、試作品を作れ

自分が求める物を、自分で作れる

それは、3Dプリンターが有ればこそ、実現できる

 

世界日一つだけの物が作れ、データーを公開すれば

世界中の人と共有できる

 

素晴らしい、機械ですよ

一筋縄では、行かないけど(笑)

 

 

では、また後日

 

 

It's only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

Be the first to comment

Leave a comment

Your email address will not be published.


*