3Dプリント中に止まる現象

ここ数か月の進行しない理由の一つに

3Dプリント中に止まる現象があり

さらに、積層のズレが起こっていたのです

ですが、解決策を見つけた

IMG_6557

(1)ノズルが樹脂に当たり抵抗に負けない様に
ドライバーの出力を上げた

(2)jerk値を調整 30で今の所良好
50でも 20でも駄目なようだ

これも(1)の事情に近いかも
最大値に至るまでに抵抗に負けてズレる

要約すると、トルク不足です。

 

では、停止してしまう現象は、どのように解決したか?

 

エラーの名前が ネツボウソウ とカネツシッパイ

なので、マイコン基盤の裏にもヒートシンクを付け

40mmファンを当てて、冷やす様にしたが、解決せず

原因は、マイコンなのか?

 

サンスマートのMEGA2560を購入し試して見る事に

 

結果は変わりませんでした。

 

USBドライバーチップが

中国製の安価なものだからと言う訳ではないようだ

では何がエラーを起こしているのか?

正直不明

 

 

ダメもとで、在る事を試してみた
それは!



今までは、PCからUSBにてGコードを送信し

プリントを行っていた。

 

まぁ一般的だと思う

これを、SDカードにGコードを書き込み

SDカードプリントで試してみると?

 

最初は、うんともすんとも

そもそもLCDで文字化けし、文字すら読めない状態

所が英語にすると、動き出した訳

日本語ふぁっかぁ だね(笑)

 

おそらくだけど、USBケーブルでの接続だと

何らかのノイズを拾い

通信データー障害が原因でエラーが出ていた物と

思われます。

 

対策は

ノイズに強いシールド付きのUSB短いケーブルに交換

又は、今回の様に、半スタンドアローンで動かす。

要はGコードの送信はUSBでは難しいと言う事でしょう
IMG_6553

今では、フィラメントを無駄する事無く

最後までプリントし無事に完了してくれます。

 

パラメーターを詰めて行けば、さらに綺麗に

3Dプリント中に止まる事無く、最後まで

プリントできる事でしょう。

 

追伸

その後、エラーで停止するようになって来た

面積の大きな物にネツボウソウ が発生

縦には平気らしい(笑)

横が弱い

 

 

 

 

ネツボウソウは、本当らしく、USBでMEGA2560を認識しなくなった

熱対策にセパレート化するか

一枚物の制御基盤を入手する必要があるのかも

 

いずれにしても熱は天敵である事は間違いなさそう

 

皆さんの 3Dプリントトラブル

解決の役に立ちましたでしょうか^^

It's only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

Be the first to comment

Leave a comment

Your email address will not be published.


*