X-Planeのインストール&ピッチトリム

X-plane

X-Planeを購入しまして

 

1時間から2時間かけてインストールしましたけど

すこし、飛ばして見よう・・・・・ エンジンすら かけられない(笑)

これが本物のフライトシミュレーターかぁ

説明書にしては異様に分厚い教本を読んでいました。

 

XPlane説明書

 

 

なんとFAA(アメリカ連邦航空局)が認め

さらに、訓練生がX-Planeでフライトした場合

現実のフライト時間にカウントされるという、リアル差加減

 

訓練用として使え、フライトレコーダーからデーターを入れられ

再現でき、事故の検証に使っているそうです。

 

なので流体力学は当然の事、気象モデルも

何らかの故障も再現される。

これは、マジ物だ!

 

ゲームチックなMSFSXだと グラフィックが残念な上に

当然すべて英語

全体として悪くわないけどね

所詮マイクロソフトだなぁ と言う印象

 

でね でね

日本の地形(空港)が抜けているので、入れる、ついでに

地球 全ての地形をインストールする事にし

再びインストール

X_plane_install

確か20G+60Gというデーター量です。

2時間かかった(笑)

DVDディスク8枚のボリューム伊達じゃない

 

 

前回のインストールで

ディスクNo2が飛ばされた訳だぁ と悟った

 

ちなみにグローバル版は日本語

ラジオ(無線)や計器類は英語だよ


 

ここから、当ブログの本領

スロットル・クワドラントに引き続き

ピッチトリムも作成中 まだ部品が届いてないので

3Dプリントで具現化できてませんが

  • ラダーペダル
  • フライトヨーク
  • フライトステック
  • セスナ等の軽飛行機に使っているじゃねぇ シャフトスロット?

名前がわからん

設計進行中です。

 

ピッチトリム

ピッチトリム・モジュールは スロットル・モジュールに連結して

ユニット化できる、柔軟な設計プランです。

4発エンジンにも対応できるよ!

 

簡単に説明すると、ホイールを回すと本体の突起が動き

角度を知る事ができる ハズ

 

元のデザインはB737だったかな

それをオマージュしてます。

 

STLデーター公開は暫し待たれよ

 

It's only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

Be the first to comment

Leave a comment

Your email address will not be published.


*