ユニバーサルジョイント

ユニバーサルジョイント

デルタ型3Dプリンターに使う

ユニバーサルジョイントを改めて、ご紹介

 

2か月ほど使ってますが、樹脂製で特に問題は無いようです

調整がし難いとか、外れる何てトラブルが無い訳でもない

あるんだぁ 在るねぇ(笑)

 

けども、磁石よりは良好で満足してます。

外す予定なければ、エポキシでガッチリ接着すれば良い

 

可動範囲も必要十分

単純に熱溶解積層式3Dプリントで使う

前提で作ってますし

 

切削加工に使いたいなら、無理

そもそも、デルタ型では無理でしょうね

ゴンドラ上部

ガントリータイプなら、切削加工に使う

モーター積める
僕がデザインし物は、コマの片方を直に止める方式を

採用して、全体のサイズを小さく、まとる事が目的で

この様になった。

 

それと ユニバーサルジョイント 当初

コマにベアーリングを入れて、スムーズにする

つもりでしたが、必要な数が数十個で1万円

超えてしまい、こりゃ ダメだ

 

製品を買ったほうが良いではないかぁ(笑)

と樹脂のコマと成った

なので、消耗品です。

 

ちなみに、ホークの様な形のが(ドウ)で

小さく四角形に近い方が(コマ)です

 

ドウは6mmパイプ又は棒に対応と

8mmに対応させたドウを作りました。

 

STLデーターは、何時ものサイトから

ダウンロド出来ます。

http://www.thingiverse.com/thing:1422432/#files

デルタ型3Dプリンターのコンポーネット

一式 と言う所です。

 

独特な設計なのは

レコフレーム25を購入していたので

これを有効活用しつつ、動作音を抑えたかった

それで、樹脂製の丸棒をレールの代わりに使いました。

結果は上々です。

 

ベアーリングの金属音を抑えてる感じです。

 


It's only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

Be the first to comment

Leave a comment

Your email address will not be published.


*