フィルパターン(FillPatten)を分析

フィルパターン(FillPatten)を分析

最も強度が出せるパターンは、どれなのか

 

実際に25ミリ角2ミリ厚を底と天井を0として

プリントしないように、出力した結果を

個人的な見解で結論を出せたらと思います。

 

プリントされた、造形物は未だプリンターが

不調の時にプリントしたの物で正確なパターンを

造形できていない、事も踏まえて観て貰いたい

Rrctilhear

Rrctilhear

右斜めに一層目、左斜めに2層目と

交互にレイヤー毎にノズルが通過するので

上下の接触は接点だけである

 

しかし、意外と強度があるのには

正直、驚かされた結果をお伝えします。

 

Line

Line

上記のパターンに近い、しかし何方か

一方が接触し片方は開いた形状で

プリントされる。

Rrctilhearから見ると曲げ、捻りに弱い

印象を持った。

 

concentric

concentric

こちらは、見る角度でブラインド効果がある

意味ないけど

強度を語る品物ではない

 

Hoheycomb

Hoheycomb

Rrctilhear似ている、積層をするフィルパターンで

所謂六角形で蜂の巣状にプリントされて行く

上下の接着が弱いようにも思えるが

そうでも無い印象

 

それと、よく見るとラインが一本でなく2本ある部分在り

これが、強度を出して居る様だ

 

3D HoneyComb

3D HoneyComb

こちらは、一番新しい、フィルパターンで一番

複雑な印象

一定の方向、のみ強度を得られ

後は、ふにゃふにゃ、不思議なパターン

 

HilbertCurve

HilbertCurve

一時、このフィルパターンを使っていた

その理由は、下から上まで同じ所に樹脂が乗って

行くのでこの方が強度が出るのでは?

と思い使っていたが、疑問を持ち

 

今回のフィルパターン・プリント実験となる

切っ掛を作り出したパターン

 

Archimedean

Archimedean

同心円状にフィルされて行くパターンで

まるで、巻バネである

 

強度を語る品物ではないシーリーズ

だがしかし、TopFillに使うと、加工痕の様な

線ができるので、見た目きれい、なので

TopFillで使っている。

 

 

OctagramSpiral

OctagramSpiral

このフィルパターンが最も美しいと言っても

過言ではない、表面に見えるように使うと

この美しさが際立つかも

 

強度は期待する方が間違い

 


 

さて、これですべての

フィル パターンをご紹介した訳ですが

結論を言えよと、ヤキモキしている

セッカチな人 彼方かな?

 

冷静な人は、察しが付いているでしょう

1位:Hoheycomb フィルパターン

2位:Rrctilhear フィルパターン

3位:Lin フィルパターン

 

これら、三種類以外で、フィル パターンとして

使う事は完全に趣味の領域

 

次回は、フィル パーセンテージによる

時間的変化について、分析してみます。

こちらは、数値化するので

具体的で信憑性が高いかなと思う。

 

ではまた

It's only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

Be the first to comment

Leave a comment

Your email address will not be published.


*